123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-09-19 (Sun)
平成18年3月。里親宅で死亡した1歳の男児がいました。

当初の里親の証言は「泣き止まなかったので揺さぶった。死ぬとは思わなかった」と
言ったものでした。
揺さぶるなどの暴行を加え、硬膜下血腫で死亡したとされていました。

しかし判決は
「自宅のドアに男児の頭を誤ってぶつけたのが原因」とされ、
被告は
「故意に傷つけたわけではないことが分かっていただけて良かった。」
とされました。

被告には罰金50万が課せられただけで、即日入金しています。
故意でないにしろ、あまりに安い命の値段だと感じます。
そして、最初の証言と違う後からの証言。

それとも「泣き止まなかったので揺さぶって、その拍子に
ドアに強く頭を誤ってぶつけた」というのが本当のところなのでしょうか?
新聞等では、詳しくは記載されていないので想像にしか過ぎないのですが。

被告は「泣きやまないので、体を揺さぶっただけだ」と容疑を否認していました。
どうにしろ「泣き止まないので1歳の子供を強く揺さぶり硬膜下血腫で死亡させた」のには
間違いありません。


その後の県の里子の死亡事故に対する対応は以下になります。
-----------------------------------------------
☆里親情報のデータベース化に着手する。

・里親の情報が迅速に把握できるような情報の
収集、整理、管理を行う。
特に、乳幼児の緊急委託が可能な里親の情報
を収集・整理する。

★里親居住地の市町村等と連携し、地域の
資源、ネットワークを活用した支援体制の
整備を図ることを徹底した。

・緊急に里親委託する場合、子どもや保護者、
里親の状況等をできるだけ踏まえて自立支援計
画を作成し、委託時に自立支援計画書を里親に
渡し、必要な説明を行う。
・管外委託における児童相談所間の役割分担や
連携のルールを明確にする。

・児童相談所は、里親居住地の市町村等と連携
し、地域の資源、ネットワークを活用した支援
体制の整備を図る。


☆児童相談所を1か所増設し、また、児童福祉
司等の増員を図る。

・児童福祉司の増員等、きめ細やかな里親支援
を可能とする児童相談所の体制整備を図る。

・里親が気軽に相談し、交流することができる場
の整備を図る。

★「子どもの事故防止、安心マニュアル」を里親
に配布した。
★里親委託時に緊急時の相談・連絡先等の
情報を提供する。
・委託里親に対し、小児科医や緊急時の相談・
連絡先等具体的な情報提供を行う。
・緊急時の対応について、ロールプレイ等を含む
実践的な研修を行う。

-*★印は18年から実施されているものです。
-*☆印は19年より実施予定のものです。
-----------------------------------------------

そして、平成21年10月。5歳の里子の女児が直腸裂傷という
重症を負い、6ヶ月以上の入院を余儀なくされた事件が起きました。


この事件に対しての対応策は以下のとおりになります。
目次のみ掲載させていただきますが、提案されていることはほぼ同じような気がします。
-----------------------------------------------
1 里親申込者調査と里親認定
2 委託児童と里親のマッチング
3 里親委託後のフォロー
4 関係機関との連携・情報交換

1 里親申込者調査の充実
2 里親認定後の段階的な里親委託
3 里親委託における援助指針の実行及び再検討
4 里親委託後のフォローの充実
5 里親制度全般の体制や仕組みの充実
-----------------------------------------------

里親への情報提供、フォロー、などなど。

里親をやる人にとっては、今の情報提供やフォローなどでは子供への知識や
対応が、提案・実行されても追いつかないのでしょう。
そこまで無理して、結果的に子供を虐待したり死亡させたりしてまで
里親を続ける必要はないのでは?と思うのは私だけでしょうか?

本当にドイツのように、里親申し込みから専門の里親学校に1年くらい通って、
それから里親登録をしたほうがいいのでは?と思います。


里親のみなさん、児童相談所があてにならない!と本気で思うなら、厚生労働省に
里親専門学校の提案を出し、自分自身の安心のためにも1年ほど里親学校に
通ってからの登録をするといいのではないでしょうか?
そこから広がる里親ネットワークもできるような気がするのですが。

子供を委託される前段階であせる必要もないので、ゆっくり勉強してからのほうがいいと思うのです。
自分自身のためにも、子供のためにも。







関連記事
スポンサーサイト
| 里親の児童虐待 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。