123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-05-20 (Thu)
今年のもので、里親さんからの「国民の一部の声」としての資料から。

厚生省に寄せられた質問や要望をまとめた資料の中でこんなものを発見しました。

imageherunodesuka.gif

「里親に子ども手当てが支給されないなら里親の数は減ってしまうのではないか

「?」と思いませんか?

直球で「お金をくれないなら里親辞める人がいるので、お金ください」と言ってるんですね。


里親(大人)」がもらえないなら「里親減ります」ってなんかおかしな話ですね。
子どものための手当てなので、「里子への将来のための子ども手当てが里子に出ないなら、
子どもにとって将来的に不利なのではないか」というはなしじゃないんです。


子どものためではなく、「お金を(里親に)支給されないなら里親は減るのではないか」というのは
里子の利益を考えたものではなく、「里親の利益」を考えたものです。


子ども手当てが支給される意味として
「•子ども手当は、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを支援するために支給するものであり

とあります。
趣旨の一部として「子どもが生活しやすいように、子どもに支給され親が管理する子どものためのお金である」ということです。


里親に子ども手当てが支給されないなら里親の数は減ってしまうのではないか

里親の里親手当てや里子の養育費、その他諸々は公費でまかなわれています。
里親手当て・養育費・その他援助など(各自治体ごとのものも含む)

厚生省に寄せられた国民の一部の声として掲載されてますが、明らかに里親さんの
本音の一部なのだと思いました。
おそらく、里親さん一人の声ではなく「一部」の声なのでしょう。

子ども手当てもらえないと、里親さん減るんですね。


関連記事
スポンサーサイト
| メモ01 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。