123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-05-06 (Thu)
もともと「里親家庭」といっても「一般家庭」であることには変わりありません。

しかし、「里親家庭」と「一般家庭」の所得の差を見ると次の表のような差が出てきます。

image0123.gif

次に一般家庭の平成19年の一世帯人員一人あたりの平均所得の表を見ると
次のようになり、平均566.8万円が世帯の所得になっています。

image0124.gif

40歳~69歳までが最も所得が多いことが分かると思います。
これは、給料の昇給などが関係しての年齢ごとの金額かと考えられます。

次に見ていただきたいのが、里親家庭の里親の年齢です。
もっとも多いのは50~59歳、上の一般家庭の所得に当てはめると平均760.7万円ともっとも多い
所得をもらっている世帯だということが分かります。

上の表だけ見ても「里親家庭のほうが裕福ですよ~」と宣伝してるように思えるのですが、
「里子にお金がかかってどうしよもないから(里子への養育費ではなく)“里親手当て”をあげろ」と
いうのは矛盾ですよね。

ここまで書けば分かると思いますが、里親家庭が特別裕福なわけではありません。
所得を多くもらっている年齢に里親が多いだけです。


image0125.gif


これを一般家庭と里親家庭で所得の差を正確に比較することはできません。
なぜなら里親家庭は年齢別に%(人数)が出ているのですが、一般家庭では年齢別に%(人数)が出ていないからです。

里親家庭の分布状況に一般家庭の分布状況をむりやりあわせて計算すると
一般家庭の平均所得は約664.84万円になります。
(いないや年齢不詳は平均値などを当てました)

すると、
里親家庭の所得は632.0万円
一般家庭の所得は約約664.84万円になり
月収にすると一般家庭のほうが2万円強里親家庭より上回ることになります。

ただし里親家庭への里親手当ては含まれていないので、里親家庭への月々の手当て、
里子一人目で72000円プラス、二人目で36000円プラス、そのほか養育費5万円前後
そのほかが公費で出ているため、里親家庭のほうが月々に使えるお金は一般家庭よりも
多くなります



「お金がない」と言っている里親さんってどういう生活をしているんでしょうね。
これも私には不思議のひとつです。




追記:
もともと「一般家庭」と「里親家庭」は別々に所得額を出したものではなく、
「一般家庭の年間所得の金額」に「里親家庭も」入っています。

上の表で使われている「一般家庭」と「里親家庭」の所得の差ですが、
里親団体(?)は厚生省が調査した「一般家庭の平均年間所得」を掲載しているだけで、
里親団体が独自に調べたものではありません。
里親団体が独自に調査したのは「里親家庭の平均年間所得」のみです。

そこから、里親家庭だけを抜き出して計算されて掲載されたものが上の表になります。
里親家庭には高年齢者が多く、給料所得の多い世帯が1000人以上いるので、
里親家庭だけを計算すると、里親家庭のほうが一般家庭より上回っているかのように
見えるだけです。
(里親側の年齢別平均年間所得が分かって、一般家庭の年齢別の人数(%)が両方そろって
初めて正確な比較ができることになります。)


計算の仕方としては、一般家庭の年齢別の所得額に
里親家庭の年齢別の人数をかけて割って出したものです。
もともとは「一般家庭の平均所得金額」に里親家庭も入っているので、
計算すると、一般家庭も里親家庭も差はなくなるということです。



例:
(細かい計算をしていくと上の約664.84万円という数字になるのですが、
計算の仕方を分かりやすく説明するため、里母の人数のみを一般家庭の人数と仮定して
例を出してます)

里母の人数に(小数点は省略してざっと計算しました。)一般所得の金額をかけて100で割ると
こんな感じになります。
里母の人数を「一般家庭の人数」としてみてください。
(一般家庭の所得額の人数が出ていないので、里母(里親家庭)の人数で計算するしかないのです)

317万円(29歳以下の一般所得)×1人(29歳以下の里母の人数を一般家庭の人数と仮定)=317 
554万円(30-39歳の一般所得)×7人(30-39歳の里母の人数を一般家庭の人数と仮定)=3878 
704万円(40-49歳の一般所得)×31人(40-49歳の里母の人数を一般家庭の人数と仮定)=21824 
760万円(50-59歳の一般所得)×38人(50-59歳の里母の人数を一般家庭の人数と仮定)=28880 
544万円(60-69歳の一般所得)×20人(60歳以上の里母の人数を一般家庭の人数と仮定)=10880
これの合計金額を100で割ると657.79万になります。

あまり計算は強くないので小数点以下まで計算していないのですが、
一般家庭の年齢別所得に里母(里親家庭)の人数を当てはめて計算すると
逆に一般家庭が上回ることが、うまく伝わってますでしょうか?





関連記事
スポンサーサイト
| メモ01 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。