12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-12-25 (Fri)
しばらく、2Ch関連のページへの
リンクを外させていただきます。

個人的に警戒してるので、申し訳ないです。


*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*

■STOP child abuse, full STOP.■

*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*

・*・・*・‥‥・*・・*・・*・‥‥・*・
里親から里子への児童虐待
 ~搾取される子供たち~
└─────── http://child-abuse.main.jp/



* * * というのも理由がありまして、ここのところ
相互リンクも2件ほど増えたのでカウンタの
回りが良いです。

アクセス解析を見てみたところ、ほかにも
理由がありました。

里親さんのサイトの掲示板に、チェーンメールで
送られてきたメール内容が掲載されていて、そこに
当サイトと、元里子さんたちのブログのアドレスが
貼ってあってありました。



以下。掲示板より転載になります。——————-

投稿日:2009/12/23(Wed)

村田さんからのお知らせを転載します。

皆様
こんにちは。ライターの村田和木です。

年末のお忙しいときにすみません。
最近、里親家庭で育った子どもたちの“告発”サイトを見つけましたので、お知らせいた
します。
もう、ご存じの方も多いかもしれませんが…。

まさに当事者からの声なので、謙虚に耳を傾けなくてはいけないと思っています。

●里親から里子への児童虐待~搾取される子どもたち~
http://child-abuse.main.jp/

●里親家庭を「家」と呼ばないで
http://gladiolus2009.wordpress.com/

9月末に、日本社会事業大学の宮島ゼミが「里親支援ソーシャルワークセミナー(あっと
ほーむ)」を開きました。
私は第1分科会(里親支援の基本的視座)の副座長をつとめたのですが、そのとき、出席
者から「里親や施設職員になる人たちの多くは、何らかの心の傷を持っている」との発言
がありました。
それがとても印象的で、先日起きた大阪の里母による虐待事件の背景にも、里母自身が抱
えた根深いものがあるのでは? と推測しています。

血縁家庭だろうが、里親家庭だろうが、家庭は家庭であるがゆえに密室になりやすい危
険を秘めていて、したがって虐待が起こる危険性を秘めています。
里親家庭での虐待を防ぐには、支援の充実だけではなく、予防的な取り組み(里親認定の
要件の見直しや里親候補者へのカウンセリングなど)が必要ではないでしょうか?

——————————

内容的に悪い意味での紹介ではないでのすが、チェーンメールで「里親さん」に
出回ったこと、「里親さん」のサイトの掲示板に貼られたことで、
現行スレに流れる人もいるかと思います。

当サイトでスレを知るのは良いのですが、そこで「里親制度はいい」
「里親だって大変」と、今まで散々見てきた一部、里親さんの
書き込むことを延々やられても・・・と思いました。
「里親制度を宣伝する」ことに使われたくない、です。
良い里親さんばかりではない、と知る今は、なお更そう感じます。

当サイトは、まだ小さいサイトですので不要な心配かもしれませんが、
できるだけご迷惑をおかけしたくないと考えました。
関連記事
スポンサーサイト
| メモ01 |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。