12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-09-16 (Wed)
長崎市にある「長崎こども・女性・障害者支援センター」(児童相談所)が適切な対応をとらなかったため、親族から虐待を受け続けたとして、同市の女児(10)が施設を運営する長崎県に対し、慰謝料50万円を求めて長崎地裁に提訴していたことがわかった。

 提訴は7月23日付。

 15日に記者会見した女児の未成年後見人の弁護士によると、女児は2010年4月頃、自宅のアパートで母親から左肩をライターの火で焼かれるなどの虐待を受けた。治療した病院から通報を受けた児相は、母親と2回面談したが、母親が面談に応じなくなり、11年3月に指導を打ち切った。

 昨年10月には、母方の祖母から髪をつかまれて引きずられ、女児は学校に相談。同12月、学校側の要請で関係機関が協議を行い、出席者の大半が一時保護を児相に求めたが、児相は対応しなかったという。

読売新聞

http://news.livedoor.com/article/detail/10595817/

話し合いの末、自分が納得できず「おかしい」と思ったときに
こういうことに協力してくれる大人が側にいるのは、本当に
心強いと思う。
虐待の相手が施設でも里親でも実親でも、それこそ子供に
関わる大人に対して、子供と一緒に考えてくれる人がいれば
「大人への信頼」や絆はしっかりできるんだろうな。


ドリュー・バリモアの「ペーパー・ファミリー」っていう映画を
思い出しました。あれは虐待じゃなかったけれど。


関連記事
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。