12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-12-17 (Mon)
鈴池被告の裁判まで、それなりに里親の虐待事件のニュースはネットにも
上がっていたと思うのだけど、最近みかけませんね。

かといって、里親の虐待が0になったかというとそうでもないんです。

私、2009年2010年と朝日新聞さんの社会的養護での虐待の件数、施設での件数と里親の件数を
参考にしていたのですが、2011年ではひっくるめて数えられていて、書き方も「里親や施設職員ら」って
書き方でなく、「施設や里親のもとで暮らす子どもが職員らに虐待されたと確認された事例が、
2011年度に46件」とかで、上げてるのも施設職員の事例だけなので、なんだかさらに里親の虐待が
深く公にされていないように感じます。
施設での虐待はすぐ公にするのに反して・・・。私の勘ぐりすぎ?


児童養護施設や実親の虐待の記事は、ちょっとしたことでも
ニュースとしてネットに流れてくるんだけど、里親さんの記事がまったくと
言っていいほど見当たらないのが逆に不思議。
件数0ではないのに。

これだけ情報がない、社会的養護の虐待件数もそれぞれの件数表示をやめて、ひっくるめて
数えているとか、なんだか勘ぐってしまいますよね。
里親虐待の公表されている件数も、どれだけ児童相談所が認知したかによるので、里親推進の
影に隠れないことを願います。


抜粋:
大塩孝江施設長は「児童本人が『虐待にあった』と言える環境作りが大事。
日ごろお世話になっているという意識が強くて言い出しにくいと感じる児童もいる。
子どもには発言する権利があるということを周りの人が子どもにきちんと伝えてもらいたい」と話す
--------------------------------------------------------
施設のほうが虐待があったと言える環境なのかな?
確かに「日頃お世話になっている」という気持ちは里親家庭のほうが感じやすそうですね。
施設は「相互監視」の目や内部告発もあるので、子供自身が言わなくても発覚しやすい環境に
あると言えると思います。


関連記事
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。