12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-19 (Tue)
あくまで「里親制度」というのは「児童福祉」として
「子供を預かり育てる」制度なので、新生児委託は
なかなか「養子縁組を前提とする里親」以外は
難しいんじゃないのかなと思います。

乳児院では必ず「看護師」が配置されます。
それは「子供を預かり」生活する場だからだと思います。
乳児の生活する場になぜ看護師が配置されるのか。
なぜ、それだけの専門知識を持った人間を配置しなければ
ならないのか。
ポイントここだと思います。

もし、養育里親に「新生児の委託」を本気で考えて動くのなら
最低それだけのことを身につけてからやります、という意気込みが
ないとダメなんじゃないでしょうか?
口でばかり言ってるだけで、本当に子供のこと、赤ちゃんのことを
考えているのなら、それだけの動きを見せなければなかなか進まない
ように思うのですが。

本当の親の「代わりになって〝命を預かる〟」ということ。
そこには「子供の命を預けてくれる実親がいる」ということ。

里子の試し行動で虐待がおき、その問題も解決に進まないまま
「新生児を委託してくれ」というのは、あまりにも危険じゃないのかな。
赤ちゃんの夜泣きでストレスがたまり、ミルクをあまり飲んでくれなくて
体重がなかなか増えなくてストレスがたまり、離乳食を食べてくれなくて・・・
とかになりませんかね?

なんだか、ただ「新生児を養育里親に」っていうのはキレイごとに聞こえて
仕方ないんですよ。
私なら「新生児を養子縁組に」ですけどね。
新生児からなら、その大人を「親」として生きていくでしょうから、長期なら
なおさら養子縁組でその後も親子関係が続けていけるほうがいいと思うのですが。
なんで「養育里親」にこだわるのか、私にはサッパリわかりません。
関連記事
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。