123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-19 (Tue)
これは、何件かの児童相談所に直接行って、質問として
「ネットで養育里親でも虐待された子どもが委託されるって
読んだんですが、専門里親さんへの委託にならないんですか?」
と聞いてみたところ
養育里親に虐待された子供が委託されることはありません
とお返事をいただいたので、間違いなく養育里親に虐待された子どもは委託されません。

ネットでみかける
「虐待された子どもを預かって里親も大変悩み、
里子は、この大人は自分を殴らないかどうかギリギリまで試す」
というのは、作り話のように思えます。

この里子の「試し行動」により、里親が虐待してしまう・・・という流れ、
本当に便利な言葉だと思います。

「試し行動」って里親だけがされているものだと思ってませんか?

小さいものから大きいものまで含めれば、幼稚園や保育園の職員さんから実親から、
祖父母から、学校の先生、「全ての大人」は全ての子供に試されているのじゃないかと思います。


おそらくスーパーでよく見かける光景として、子供がお菓子を買って欲しくて
床に寝転がって泣き叫ぶ、お母さんをバシバシ打つ、「ばかぁ!」って叫ぶ・・・なんていうのも
「里子」になってしまうと「試し行動という問題行動」にされてしまうのかなぁって思いました。
「聞き分けがなく、愛情を試すかのように振舞う。暴力、暴言を吐く」なんてね。
普通の子供らしい行動も、わがままも「普通に思われなくなってしまう」のが「里子」なのかな。

「里子として」の行動なのか「子供として」の行動なのか、周りの子供もよく観てみる必要も
あるかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(3) |















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。