123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-11-15 (Tue)
「里子」と「養子」の区別がついてない・・・というか、
「里親」=「養子縁組」と思っている方が、まだたくさんいるのだなぁと思うコメントなどを見るとガッカリ感が強いです。

特に、最近死去して注目を浴びたスティーブ・ジョブズ氏を
「ジョブズも里子として育った」と書いてあるのを読むと
「ジョブズ氏の名前にあやかる前に、里子と養子の区別をつけて
書いてほしいなぁ」と思ったりします。

ジョブズ氏は、その親が妊娠が分かったときから
「養子縁組」することが決まっていました。
未婚での出産、宗教絡みでの中絶不可、結婚も親の宗教感で反対に合い不可。

結局、「養子縁組」に出すことにするのですが、「大学卒業をした家庭」という条件付き。
最終的には高校を卒業していない家庭に養子縁組されるのですが、
「きちんとお金を貯めて、子供を大学卒業させる」ことが条件の養子縁組でした。

 でも最初はジョブズ氏の親は「養子縁組」の書類へのサインをなかなか出来ないでいました。
それは自分の親が死んだら、結婚出来て子供を育てられる・・・と考えていたから。
サインできたのは新しい家で赤ん坊が幸せに暮らしていると言われてからだとか。

のちにジョブズ氏も若い頃に娘をもつ父親となるのですが、
認知したのは、かなり後になります。
(appleから、娘の名前のついたコンピュータが製造されていたのをご存知ですか?
自分の子供であると絶対に認めたくなかった娘の名前。『リサ』
のちに過去の自分の言動を死ぬほど後悔していたジョブズ氏。)

なかなか複雑な家族環境。
「捨てられた」と思ったことはなく、「自分は特別な存在だと感じていた。
両親が大事にしてくれたからだ。」と語るジョブズ氏。


話しがずれるのでポイントは公式にジョブズ氏は「里子」と書かれたことは
一度もなく「養子」である点。

里子と養子の区別もつかず、有名人の名前を使って「里子」と言わないでもらいたい点。
区別すらつかない人は、ただ死去して注目されている彼の「名前だけ」を使い
いかに里親が優れているかということを言いたいだけなのでしょう。
どちらに対しても失礼だなと思います。

----------------------
なんか、私、途中まで書いただけでお昼頃にブログアップしてお出かけしてしまったようで・・・。
ブツ切れの文章がそのままだったり、再度、修正投稿する前の記事を読んだ人には、意味不明の記事だったでしょうね(苦笑)

関連記事
スポンサーサイト
| メモ01 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。