12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-12-05 (Sat)
施設に入所している児童の半数は虐待での入所という数字が出ているのですが、
被虐児童を委託できる専門里親の登録数って知ってますか?
平成26年3月のデータでみると、養育里親7505世帯の登録に対して、
専門里親の登録数は632世帯です。

どういう子供でも養育里親に委託できるというわけではなく、虐待された児童や
身体障害児や知的障害時児など、一定の専門的ケアを必要とする児童は
専門里親でなければ委託できません。

先日、千葉県で乳児院を新設しようとして、里親でつくるの民間団体が「乳児院の新設は
凍結すべきだ」と訴えたらしいのですが、今の専門里親の数で虐待されてきた乳児や
ケアの必要な乳児の受け皿が足りるとは思えません。(児童にも言えることですが。)
専門里親で受け入れが出来なかった乳児は、結局、定員オーバーの乳児院に行くことに
なり、十分な人数の保育士や設備のない施設で育たなければならなくなりそうなのですが、
「乳児院新設は凍結すべし」とした里親民間団体の方々は、そこらへんはどう考えているのでしょうか?

養育里親の方で「本来なら被虐児童や障害のある子は委託されないはずなのに、
話が違う!児童相談所が仕事をしていない」「なので問題のある、手のかかる里子を虐待して
しまうのも仕方ない。」という意見をいう方も少なからずいるので、本来、被虐児童や障害のある
ケアが必要な子を預かるのは養育里親の仕事ではないというのは分かってると思うのですが、
専門里親の登録数と乳児・児童の入所理由を見て、施設の新設は反対というのは乱暴かなと思いました。



「乳児院新設 凍結すべき」 国際人権NGOや民間団体が県に


スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。