12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-08-26 (Wed)
記事より--
鎌倉市図書館はTwitterで「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。マンガもライトノベルもあるよ。一日いても誰も何も言わないよ。9月から学校へ行くくらいなら死んじゃおうと思ったら、逃げ場所に図書館も思い出してね」と子どもたちに語りかけるツイートを投稿。先日各所で報道されて話題になった「18歳以下の子どもの自殺が最も多いのは夏休み明けの9月1日」という調査結果を受けてのツイートのよう

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150826-00000054-it_nlab-sci

私が今の時点で目指してるのは、こういう場所を子供たちに作ってあげること。
不登校の子に3年間寄り添ってたのも影響してるのですが、
学校に行きたくない子だけじゃなく、家にいたくない子や、もっと小さい悩みで
部活にだけ行きたくない子やもいるので、「誰にも評価されない場所」っていうのが
親にも、子供にも必要なんだろうなと。
児童相談所、学校の職員、施設の職員、里親、ご近所、色んなところで問題を抱える
家庭は親も、子も「評価」されることが多いと思う。
(特に、施設の子や里子は「愛着障害児」として評価されることが多く、里親による虐待が
起きた場合は、そのほとんどが里親の問題ではなく、里子のせいにされる。
それだけ実親との家庭外で育つ子供は重い評価を受けることが多い。)

子供に「大人に助けを求めないさい」と言っても、どこの誰にどうやって助けを求めるのか
分からなかったり、学校の先生は怖くて相談できない子もいたりするので、こういう
「誰でも気軽に、誰かと一緒に入りやすい場所」「いつも行ってる場所だけど、ここぞというときに
相談できる場所」って必要だろうと思う。

私の作ってきた場所も、漫画やラノベを多く置いてました。
お小遣いを貰ってない子でも、本を通してみんなと一緒に楽しめるように、
私自信も年間500冊ほどの子供が喜びそうな色んなジャンルの本を寄付して、
子供たちが楽しめる場所を作ってました。
その繋がりで不登校の子と繋がったり、保護者と繋がったりとしていったので、
無駄ではなかったと思ってます。
個人でできることには限界があるけれど、できるだけ子供が自由でいられる場所を
作っていけたらと思います。



スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) |
2015-08-15 (Sat)
映画「隣る人」上映会が2015年10月24日(土)に
新宿であるようです。

詳しくは下記のサイトを参考にしてください。
http://skill-boat.org/th/index.html
| メモ01 | COM(0) |
2015-08-11 (Tue)
ついこの間、高校受験の話をしていて、合格したとか言ってた子たちが、
今度は大学受験や就職の話をしてる。
ここ、2、3年は色んな高校の文化祭に子供たちに呼んでもらって、
一日で文化祭を3校まわる忙しい日もあったけど、本当に楽しい。
文化祭めぐりはあと数年続くんだろうな。
文化祭で子供たちと会っても、そんなに長く話はしないんだけど、
顔見せるだけでも本当に嬉しそうにしてくれるので、コチラも嬉しい。
これから高校受験する中学生の子たちからも、チラホラ受験の愚痴なんかを
聞き始めたり、どんどん子供たちの時間は確実に前に進んでいて、
その速さに本当にびっくり。
時間は戻せないので、後悔しないようにしてほしい。



| 私事 | COM(0) |
2015-08-03 (Mon)
文部科学省は、虐待などで一時保護されて学校に行けない子を
「出席扱い」にするよう促す通知を出した。国公私立の小中高校や
特別支援学校などが対象。これまでは学校に任せており、欠席と
されるケースも少なくなかった。進級や進学に影響しかねないとみて、
初めて見解を示した。

 虐待などで緊急の保護の必要がある場合、児童相談所は全国134カ所
(2014年時点)の「一時保護所」に子どもを入所させる。一時保護は
13年度で2万1473件。ドリルなどで学習支援をしている。

 だが、現状では多くの学校がこの期間を欠席扱いにしている。
日本子ども家庭総合研究所(今春に廃止)の13年の調査では、
全国112カ所の一時保護所のうち、高校生では36・6%、
小中学生でも7%程度が、学校から欠席扱いにされていると答えた。
留年や退学を恐れ、虐待の危険のある自宅に戻る子もいる。

 文科省は7月31日付の通知で、一時保護所が学校と連携し、
かつ学習環境が整っている場合に出席扱いにできるとした。
配偶者から暴力を受けた親と一緒に保護された場合も、同様とした。
出席にする判断の目安として、例えば午前は学習指導、午後は
スポーツなどのプログラムがあること、必要な教具があることなどを挙げた。


http://www.asahi.com/articles/ASH7067HJH70UTIL03N.html
高浜行人、編集委員・大久保真紀

2015年8月2日09時17分
| メモ01 | COM(0) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。