12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-03-30 (Wed)
各「乳児院」の被災状況に追記です。

岩手
 日赤岩手乳児院・入所児童に被害なし。施設の一部が破損したが、
         甚大な被害なし。

宮城
 丘の上乳幼児ホーム・・入所児童・建物に被害なし 
 宮城県乳児院・・・・・入所児童に被害なし。施設の一部が破損したが、
            甚大な被害なし。

福島
 福島県会津若松乳児院・・入所児童・建物に被害なし。


物資などの寄付は、その時々によって状況が変わってきますので、
物資などの支援をしたい方は、専門機関にお問い合わせください。
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) |
2011-03-28 (Mon)
カードなどに貯まっているポイントを寄付する募金も
あちらこちらで始まっているようです。


「自分の持ってるこのポイントは寄付できないけど、こっちのポイントは寄付やってるみたい」」と
思ったら、ポイント探検倶楽部

どれくらいの期間の寄付募集か?ということと、
どれくらいの期間でポイントが移行できるか確認したうえで、
ポイントが寄付できるところに持ってるポイントをひとまとめにしてしまうのも手です。

私、普段はこのサイトで消滅しちゃいそうなポイントを違うところに
移行して生きながらえさせてみたりとか、欲しい物品があともうちょっとで
ポイントと交換できる・・・なんて場合に違うところからポイントを足して使ってます。

*ポイント移行先が限られているポイントや、ポイント変換期間が1ヶ月以上あったりするところも
ありますので、よく確認してからポイント交換してください。


こちらのサイトでの
■「東北地方太平洋沖地震」へのポイント(マイル)での募金(寄付)のまとめ


普段はめったに使わないポイントをちょっとだけ、役立ててみませんか?

--------------

寄付の詐欺行為、震災詐欺(オレオレ詐欺の震災版)も増えているようですので、ご注意ください
| メモ01 | COM(0) |
2011-03-27 (Sun)
被災地の子供を里子として預かり、あとになってから
「被災地の子供はさまざまなトラウマを抱え、突然泣き叫んだり、パニック状態に
なったりして 里親も大変な思いをした。 
なのに児童相談所や行政から
里親に何の支援もなかった。
被災地の子供を預かり虐待してしまった事件が起こったが、里親も大変だった」
なんていう言葉を見聞きすることがありませんように。



被災地の子供たちは、おそらくたくさんの「死」を見ています。
たくさんの悲惨な光景を記憶しています。

むやみやたらに「被災地の子供、預かれます」と立候補しないほうが
良いと思います。

被災地の親御さん、子供を一時的に安全な場所に・・・と思う気持ちも
分かりますが、子供が引き取れるようになるまで、どれくらいの期間かかるか分かりません。
生まれて初めての大きな震災。
震災で不安な気持ちを抱えた子供に必要なのは、やっぱり本当のお父さん、お母さんだと思います。
一番安心する場所だと思います。
子供を抱えての復興作業は大変でしょうけど、できるだけ自分のもとか、親戚にお願いします。

親族の方、「親族里親」というものもありますので、一度お近くの児童相談所に
お話を聞きに行ってみてください。



大人も子供も泣くことになりませんように

被災地の(大人も含め)子供たちが見たであろう光景



1069593_1041606693_85large.jpg
2011年3月15日 岩手県。毛布に覆われる震災の犠牲者

1069593_1041606755_189large.jpg
2011年3月14日  残骸の中の子どもの靴

1069593_1041606983_50large.jpg

1069593_1041604919_59large.jpg
2011年3月17日(宮城県女川市) 
行方不明の息子が潰れた家の瓦礫の中に埋もれている可能性があるとして、家の前で泣き崩れる父親(66歳)。
警察によると東北沖地震による地震と津波による死者と行方不明者の数はおよそ15,000人以上になるとのこと。
壊滅的な被害をもたらした今回の震災。


1069593_1041605737_248large.jpg
福島県。今回の地震は日本史上、もっとも大きなものとなりました。
燃え盛る炎と瓦礫の山をヘルメットをかぶり通り過ぎます。

1069593_1041606246_171large.jpg
1069593_1041606649_26large.jpg
2011年3月15日 岩手県。

bp48March 15, 2011




余談ですが、昨日すごく久しぶりにアクセス解析みたら
「里親手当て・養育費」のページの閲覧数がここ数日、毎日ほぼ80前後見られてました。
これ、何を意味してるんですか?深読みしすぎ?


| メモ01 | COM(2) |
2011-03-24 (Thu)
たまさんところのコメント欄でも書いたんだけど
「無知の善意」ほど迷惑なものはないです。


阪神大震災のとき、「ボランティアしてあげてるんだから」っていう
普段はボラなどしない方々まで受けれた結果
「旅館ないんですか?」「寝る場所どこですか?え?ないの?」なんていう
ボラの苦情処理まで被災地の方々してました・・・。

落ち着くまで、被災地へのボランティアは行けません。
「今」行きたいなぁと思った方は東京→岩手までの片道の旅費1万4千円寄付したほうが
無難だと思います。


私ね、無知の善意ほど迷惑なものはないって思ってます。
穴のあいたバケツに水をいくら汲んでもたまらないのと一緒。
「わからなかった」「知らなかった」は「穴」と一緒。
「いいことしてる自分」の自己満足でしかないし、
自己満足は「本当に感謝される」ことにはならない。

まず「知らない」「わからない」の穴を埋めてから
ボラしましょうよ。するんだったら。
ちゃんと穴埋めてバケツに水を貯めておきましょうよ。

そのときに何が必要かどうか調べるのが面倒なら、募金だけでいいんです。

このあいだ、献血ルームに人が並んでるって話を聞いたんだけど、
たぶん、このとき並んだ大半は1~2ヵ月後には並ばないと思ってます。
「あのとき献血したし、俺はもういいや」って思う人、絶対いるから。
それと、時間が経つにつれ忘れ去られてしまうことが多いのも事実。

全血の保存期間、一ヶ月くらいだったような・・・と思って調べたら
今、21日だけの保存なんですね。
「今」は足りてるけど、1~2ヵ月後に足りなくなったとき
また、たくさんの人が並ぶんでしょうか?
「“今”献血足りてるみたいだから、もうやらなくても大丈夫だろ」って
思わないかな。
輸血を必要としてるのは、なにも被災地の人たちだけじゃないです。


誰かのために何かしたいっていう気持ちも分かります。
それが純粋なほど、本気で心配してるほど、断りたくても断れなくなる状況に
なるのも知ってます。
その結果「付き合わされる」形になり、いつも以上に気遣いと疲労で疲れてしまうのも
知ってます。
善意の押し売り ありがた迷惑です。


人を支える「善意」って必要だけど、やるなら
「その善意が今必要なものかどうか」を見極めてからにしましょうよ。



「無知の善意は迷惑」だと思ってます。


| 未分類 | COM(0) |
2011-03-24 (Thu)
「里親の虐待で考えられるのは何ですか?」という質問をいただいたので、こちらにまとめておきます。
サイトのトップにまとめてあるのですが、記事をバンバン載せてるので
見づらいという意見も。。。><

短くまとめますね。

➟ 注意:里親制度と養子縁組は違います。それと同じで「里子」と「養子」も違います。
養子縁組と里親の違い

2009年~ 里親からの虐待一覧
【2009年2月26日】
里子に「しつけ」として暴力を振るい、後頭部を針で刺す里親

場所:  海道芽室町東一条
加害者: 根本靖子容疑者(68)
職業:  無職
被害児童:7歳女児
委託年月:2006年3月より

・虐待:顔に痣。安全ピンのようなもので後頭部を数回刺し2週間のケガ(2008.10中旬)   
・虐待理由:「言うことを聞かなかったから」
・虐待し始めた時期:女児が小学校にあがってから。
・継続的な虐待の可能性

☑児童相談所への通報者:
  顔に痣があると小学校教論が通報
  (2008.10)
☑児童相談所の対応: 
 「虐待は確認できない」として警察には通報なし
 女児を施設に保護
☑警察への通報者:
  女児の祖母
  (2008.12に通報)

*根本靖子
(地元で民生委員兼児童委員、人権擁護委員、町赤十字奉仕団委員長など
 里親登録30年以上のベテラン)


====================

【2009年9月14日】

寝ている里子のお尻に噛み付き全治2週間の怪我をさせた里親

場所:  宮崎市青島西2丁目
加害者: 安波圭(39)
職業:  小学校教論
被害児童:6歳男児
委託年月:2008年8月より
*実子なし。里親両親と里子との3人暮らし。

・虐待:身体に複数の痣。
    寝ていた男児のお尻に2回噛み付き全治1ヶ月のケガ。(2009.4.1頃)
    里父の運転する車内で太ももをつねる。約1週間のケガ。(2009.4.26頃)
    突き飛ばして太ももに打撲(2009.6.15頃)
    身体に複数の痣
・虐待理由:「男児の態度にいらだち、里親としてのプレッシャーから」
・虐待し始めた時期:?
・継続的な虐待の可能性


☑児童相談所の対応: 
  身体に複数の痣を発見。虐待の疑いがあるとして、警察に通報。
  男児を施設に保護
☑警察への通報者:
  児童相談所

* 安波圭
(宮崎大学大学院教育学研究科教職実践開発専攻1年・日南市立油津小学校教諭)

========================

【2009年10月14日】
里子に性的虐待、直腸裂傷の重症を負わせた里親

場所:  大阪市西区南堀江
加害者: 吉村陽子(35)
職業:  主婦
被害児童:5歳女児
委託年月:2008年5月より
*実子あり。当時実子は宿舎におり、週末のみ帰ってきていた。普段は里親両親と里子との3人暮らし。

・虐待:身体のほぼ全身に痣。(頭部や背中にも確認)
    顔。腕に痣(2009.3頃)
    直腸裂傷。6ヶ月の重傷(2009.5頃)
    人のいないところで継続的に殴る。複数回
    里子を外に締め出し。複数回(開けて開けてと里子は泣き叫ぶ)
・虐待理由:「なつかなった」
        「反抗的だった」
        「幼稚園の準備が遅かった」
        「ご飯を食べるのが遅かった」
・虐待し始めた時期:2008.9~
・継続的な虐待の可能性
・里父は「躾で叩いてたいのは知っていた。ケガをしているのは知らなかった」と説明

☑2009.5.26 女児が出血したため運ばれた病院で
 児童虐待の可能性ありと判断。
 実母に連絡が行く。
☑児童相談所の対応: 
  1月には女児が里母になついていたので、虐待が発覚するまで虐待の可能性はないと判断。
☑警察への通報者:
  女児の実母
  (実母と実父は離婚。親権を父親が持つが病気のため里親委託)

女児は現在もショックのため入院中

*吉村陽子 
(同市の「児童虐待予防地域協力員」に登録。
2年以上前から大阪市北区の「ファミリーサポーター」として月に数回、6歳までの児童を預かり、保育士の資格取得も目指す。)

里子の女の子にわいせつ行為
ただし、里親たちの署名運動により釈放、処分保留であり、無罪になったわけではありません。

場所:滋賀県甲賀市土山町山中
加害者:杉岡博(62)
職業:無職
被害児童:14歳少女
委託期間:この少女に関しては短い期間に数回の利用だったので、「合計11回」の利用
     普段は児童養護施設で生活をしていた。
発覚:里母に迷惑をかけないかと遠慮して、なかなか言えなかったが
   やっと「施設の職員」に相談。
    
里父はわいせつ行為を否定、そのほか、県里親会のメンバーが訴えた上申書のほか、
釈放を求める83人分の署名を地検に提出。
結果、やっと言えた少女の証言は埋もれてしまった。



ほか

滋賀県-虐待された子供、保護先(養育家庭)で、さらに虐待されるケース

虐待を受けて保護された子どもが、県の委託先の里親からさらに虐待を受けた
ケースも3件確認された。

【 2010年05月18日 21時50分47秒 】
京都新聞

里子の女の子に覚醒剤を使って売春行為をさせていた里親逮捕

衆議院議員 徳田毅氏のブログ「里親制度」より
----------------------------------------
「里親制度」の問題についての指摘がありました。

(略)



早速、水谷先生にも連絡を取り、里親制度についてお聞きしたところ、

里子の女の子に覚醒剤を使って売春をさせていた里親を逮捕させたことがあり、


制度に問題がないのか調べてみるということでした。
一人でも苦しんでいる子供がいるとすれば、
誠実に恵まれない子供たちを養育している里親の方々にとっても非常に深刻な問題であり、絶対に許されることではありません。
私も里親制度について実態や問題点を調べてみたいと思います。
----------------------------------------
2010.8.10



★実際に里親家庭を経験した元里子さんたちのブログです★
 ↓
里親家庭を「家」と呼ばないで

★実際に里親家庭に子供を委託した実親の体験談★
 ぬるく愛を語れ!より
躾と虐待~子どもを里親に委託した母の決断【もくじ】
各番号を順番にクリックしていくと漫画で読めます。

| 里親の児童虐待 | COM(0) |
2011-03-18 (Fri)
里親制度と養子縁組はまったく別の制度です。

もし、「家族に迎え入れたい」と思いましたら
養子縁組制度を利用してください。

「一時的に子供を家に・・」と思いましたら
里親制度を利用してください。

里親制度では、里親家庭の家を転々とする子供も少なくありません
もし、本当に子供を家庭に迎え入れ、幸せを願うなら里親制度でも「養子縁組を希望する里親」を考えてください。

子供の心のケアのためにも、18歳以降の子供の生活を考えるためにも。
里子は18歳になったら、ほぼ何も持たずに里親家庭を去ることになります。


「いまだけ」の気持ちではなく、本当に「家族として」を考えた場合、養子縁組にしてください。
家や親をなくした子供は里親では18歳を過ぎたら確実に路頭に迷います。
現状がそうです。

放浪する「裸」の未成年


元里子さんが「養子縁組」を進める理由を転載させていただきました。
(里親と養子縁組が違うように、里子と養子も別物です)

----------------------
親がいない子供に「親と家庭」を与える制度は「養子縁組」だけです
実親に子供を育てる意思がみとめられない場合は
「特別養子縁組」の申し立てをすれば、裁判所の審判で縁組が成立します。
この制度は、遺棄児や被虐待児のような「親に恵まれない子供」の救済を念頭に作られました。
実親の同意は必ずしも必要ではありません。

普通養子縁組は「親になる側」「家」のためにある制度ですが
特別養子縁組は「子供の利益」を第一目的とする制度です。

何度も言いますが、里親制度と養子縁組は別モノです。
親に育てられない子供に「親と家庭」を与えられるのは養子縁組だけです。
親に恵まれない子供に「特別養子縁組」で「家庭」を与えて下さい。


特別養子縁組の場合、戸籍は実子と同じ「長男」「長女」と記載されます。
子供は偏見から守られ、社会的な「よりどころ」が確保されます。
生みの親に恵まれなかった子供が生きる上で、非常に大きなメリットです。

里子は18歳で(高校に進学しなかった場合は15歳で)
里親の家を出て行かなければなりません。
ほとんどの里親は、里子の就職やアパート契約の保証人になりません。
全国里親会は「里子の保証人になるのは危険だ」と主張してます。



里親家庭を「家」と呼ばないで
児童虐待、暴力、性的虐待、レイプ・・・元里子たちの「里親家庭」体験記

---------------------



*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*

■STOP child abuse, full STOP.■

*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*

・*・・*・‥‥・*・・*・・*・‥‥・*・
里親から里子への児童虐待
 ~搾取される子供たち~
└─────── http://child-abuse.main.jp/


| メモ01 | COM(0) |
2011-03-18 (Fri)
http://blog.goo.ne.jp/vc00000/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ボランティアや支援活動を考えているみなさんへ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 被災地の状況が報道されるに従い、支援を希望する動きが高まっ
ていますが、現地ではまだボランティアの受け入れ準備が十分にす
すんでいない状況です。そこで、特に次の2点に注意していただき
たいと思います。

1.被災地へのボランティアについては、詳報をお待ちください

 多くの被災地では被害状況等の情報収集を行っています。
沿岸部を中心に被害の大きかった地域では、外部からは災害対応に
詳しい組織に限って救援活動が行われています。
その他の人々は、今なお現地に入れない状態がつづいています。
 その他の地域も、一部地域を除いて、被害の状況把握やボランテ
ィアニーズの把握を急いでいる段階で、災害対応の経験のある組織
以外はボランティア活動の基盤が整っていない状況にあります。

 今後、被害の状況把握とボランティア受け入れの態勢が整い次第
全国的な支援の呼びかけを行う予定です。
 ボランティア募集等に関する新しい情報は随時発信します。でき
る限り、HPで情報を確認いただくようお願いします。


2.現段階での被災地への物資の送付はお控えください

 現在は、自治体や団体が物資をまとめて送付をしているところも
ありますが、個人から多くの物資が送られますと、量の多さや物品
の仕分けの困難さ等で、被災者の手元に届くまでの時間差の問題な
どがあります。
 結果、せっかくの善意の物資がかえって、被災地に大きな負担が
かかることになる恐れがあります。

 義援金や災害ボランティア活動の資金への募金の形を取るなどの
ご配慮をお願いします。


3.災害時のボランティア活動について

 災害救援ボランティア活動には大きな期待が寄せられますが、一
方でボランティア活動が被災地の人々や他のボランティアの負担や
迷惑にならないよう、ボランティア一人ひとりが自分自身の行動と
安全に責任を持つ必要があります。

 災害救援ボランティア活動に参加する際の基本的な注意事項はこ
ちら。
http://www.shakyo.or.jp/saigai/katudou.html


〔義援金〕
○中央共同募金会、日本赤十字社、NHKでは、義援金を
受け付けています。

詳細はこちら
http://www.shakyo.or.jp/saigai/pdf/touhokuzisin_03.pdf

なお、刻々と状況は変化します。最新情報はWebサイトも参考
にしてください。

| メモ01 | COM(0) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。