123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-09-30 (Thu)
2つの雑誌からの情報をまとめると。

■家族構成など
里父・里母・中学生と小学生の実子
里父・里母は40代で共働きをしていた。

3歳の里子は一年前から委託。
委託一ヶ月で保育園に預けていた。

■家の構造など
地下一階、地上二階
寝室は地下にあり、3歳の里子の遺体が発見されたのは
家族の寝ている寝室のある地下一階。
(発見は里父・里母が早朝6時前に起きてから)

■家の改築
安全に住めるように建物内の改善が行われていた。
しかし、螺旋階段には子供の転落を防止するような柵は取り付けられていなかった。

■里親になった動機
「子育ても一段落して社会貢献がしたいと思った」という里母からの希望により。

■里子の育成履歴など
生後すぐ乳児院に預けられる。
里親委託されたのは1年前なので約2歳から。
里父の話によれば、優しく本当に手のかからない子供であった。

■里子の死因
脳ヘルニア

■医師が抱いた疑問
・死亡するほどの強い衝撃で階段から落ちたのに、すぐそばで寝ていた
家族が数時間も気づかないのは不自然。
(地下一階が寝室、階段は螺旋階段のため、転げ落ちたとしたら、あちこちに
ぶつかり、それなりの音がすると予想されます。
それが、2,3段の低い位置でも、それなりの大きな音がすると思うのです。)

・階段から落ちたという家族の説明とつじつまが合わない。虐待の可能性が疑われる傷があった」


■近所の人からみたこの里親家庭
「ご夫婦ともに忙しく働いている感じでしたし、2人のお子さんもいるので
里親になると聞いて驚きました」

-------------------------------------------

小学生と中学生のお子さんのいるご家庭なら「子育てがひと段落した」というには
まだ、早すぎると感じると思います。
ちょうど、実子はこれから思春期を迎えたり、高校入試を控えてくる時期だと思うのです。

そして、共働きで忙しく、委託後すぐに保育園に預けなければいけない状況。
里子と向かいあう時間が十分に持たれていたのかも疑問です。

里子の直腸を裂傷させて、いまだ公判中の吉村陽子被告も専業主婦でありながら、
委託後4ヶ月弱で保育所に里子を預け始めていました。

里親は里子を保育所に預けていけないということはないのですが、
子供と向き合うのは、里父・里母どちらかが中心になるので、
里子との信頼関係を築くためにも、あまりすぐに保育所などへ預けるのは
「里親家庭」のあり方として、あまり好ましくない、と児童相談所の方に
聞きました。

私も疑問に思うのは「建物内は安全に住めるように改善されていた」にも
関わらず、3歳の子供が階段から転落するという状況。
小さい子供を育てている方なら、「階段から子供が落ちることを想定して
何かしらの対策をしている」と思います。
そして誰も気づかないという状況。
家の壁や、床、階段のクッションにいたるまで、近所迷惑を考え、防音にでもしていたのか
どうなのかは知りませんが。

里父・里母が6時前に起きるまでの間、この3歳の里子は生きていました。
(病院到着後40分後に死亡らしいので)
その数時間の間、うめき声ひとつ上げない、意識不明の状態だったのでしょうか?

また、ほかのニュース記事では、3歳女児の遺体の様子をこう記しています。
「病院から通報を受けた警視庁が調べたところ、後頭部や腰などに階段から
落ちた時に出来たとみられる複数の傷
があったということです。」
ということは、何度も転げ落ちた間に打撃音がしていたのではないかと思われます。


転げ落ちる音、うめき声、寝ているはずの子供がいないことに気づかない、何にも気づかないほど
仕事で疲れて熟睡していた状態なら「里子の委託は受けるべきではなかった」と思います。
この家庭の実子は中学生と小学生で、やはり何か転げ落ちたりしたら気づく年齢だと思うのです。
3歳の子供の平均体重は10キロを越えます。
転げ落ちてる間も、うめき声さえ上げなかった?
落ちて意識があったとして、痛みで泣き声もあげなかった?


動画は大体2歳くらいの子供が、遊びで階段を滑り落ちているところです。
じゅうたんで柔らかくした階段でも、それなりに音がするのが分かると思います。



10キロもないベビードールでも、勢いがあれば階下に落ちたときに、結構な音がするのが分かります。


近所の人の話では、怒鳴り声や子供の泣き声は聞いたことがないそうです。
それだけ、近所の人には「虐待をしない」という信頼があったにも関わらず、
この里親夫婦は、第一報で「頭部に不審なあざがある」と報じられたとして、
近隣宅の手紙を投函しています。
「私たちが起きたときにはすでに呼吸をしていない状態で、すぐに救急車を呼び、
心臓マッサージを試みましたが、病院到着後40分で死亡と認定されました。
メディア世上の虐待報道に伴い、私たちが何かしたかのように報じ、(略・子供の)心に
深い傷を負わせてしまいました」

「まさか、あのご夫婦?虐待?人って分からないものね」と言われるのを
避けるための手紙投函なのかもしれませんが、なにか私には逆に
「虐待ではない」を強調すればするほど怪しく思えてしまうんです。


この事件も2006年に起こった里子死亡事件のように
「「故意に傷つけたわけではないことが分かっていただけて良かった。」と
円満に解決され、罰金50万ですむ事件になってしまうのでしょうか?

スポンサーサイト
| 里親の児童虐待 | COM(2) |
2010-09-20 (Mon)
9月2日号ではなく、9月2日発売の9月9日号と注文すると良いです。
こちらになります。

里親同居一年で「転落死」杉並3歳女児に医師が抱いた疑問 」

私は書店で取り寄せてもらっている最中ですが、
9/2なのか9/9なのかよく分からなくて、店員さんにネットで調べてもらいました(笑)
9/2号を注文すると、別の記事の記載された週間文春がきてしまうと思うので、
「9/2発売9/9号」でお間違えないようお取り寄せください。
| 未分類 | COM(0) |
2010-09-19 (Sun)
平成18年3月。里親宅で死亡した1歳の男児がいました。

当初の里親の証言は「泣き止まなかったので揺さぶった。死ぬとは思わなかった」と
言ったものでした。
揺さぶるなどの暴行を加え、硬膜下血腫で死亡したとされていました。

しかし判決は
「自宅のドアに男児の頭を誤ってぶつけたのが原因」とされ、
被告は
「故意に傷つけたわけではないことが分かっていただけて良かった。」
とされました。

被告には罰金50万が課せられただけで、即日入金しています。
故意でないにしろ、あまりに安い命の値段だと感じます。
そして、最初の証言と違う後からの証言。

それとも「泣き止まなかったので揺さぶって、その拍子に
ドアに強く頭を誤ってぶつけた」というのが本当のところなのでしょうか?
新聞等では、詳しくは記載されていないので想像にしか過ぎないのですが。

被告は「泣きやまないので、体を揺さぶっただけだ」と容疑を否認していました。
どうにしろ「泣き止まないので1歳の子供を強く揺さぶり硬膜下血腫で死亡させた」のには
間違いありません。


その後の県の里子の死亡事故に対する対応は以下になります。
-----------------------------------------------
☆里親情報のデータベース化に着手する。

・里親の情報が迅速に把握できるような情報の
収集、整理、管理を行う。
特に、乳幼児の緊急委託が可能な里親の情報
を収集・整理する。

★里親居住地の市町村等と連携し、地域の
資源、ネットワークを活用した支援体制の
整備を図ることを徹底した。

・緊急に里親委託する場合、子どもや保護者、
里親の状況等をできるだけ踏まえて自立支援計
画を作成し、委託時に自立支援計画書を里親に
渡し、必要な説明を行う。
・管外委託における児童相談所間の役割分担や
連携のルールを明確にする。

・児童相談所は、里親居住地の市町村等と連携
し、地域の資源、ネットワークを活用した支援
体制の整備を図る。


☆児童相談所を1か所増設し、また、児童福祉
司等の増員を図る。

・児童福祉司の増員等、きめ細やかな里親支援
を可能とする児童相談所の体制整備を図る。

・里親が気軽に相談し、交流することができる場
の整備を図る。

★「子どもの事故防止、安心マニュアル」を里親
に配布した。
★里親委託時に緊急時の相談・連絡先等の
情報を提供する。
・委託里親に対し、小児科医や緊急時の相談・
連絡先等具体的な情報提供を行う。
・緊急時の対応について、ロールプレイ等を含む
実践的な研修を行う。

-*★印は18年から実施されているものです。
-*☆印は19年より実施予定のものです。
-----------------------------------------------

そして、平成21年10月。5歳の里子の女児が直腸裂傷という
重症を負い、6ヶ月以上の入院を余儀なくされた事件が起きました。


この事件に対しての対応策は以下のとおりになります。
目次のみ掲載させていただきますが、提案されていることはほぼ同じような気がします。
-----------------------------------------------
1 里親申込者調査と里親認定
2 委託児童と里親のマッチング
3 里親委託後のフォロー
4 関係機関との連携・情報交換

1 里親申込者調査の充実
2 里親認定後の段階的な里親委託
3 里親委託における援助指針の実行及び再検討
4 里親委託後のフォローの充実
5 里親制度全般の体制や仕組みの充実
-----------------------------------------------

里親への情報提供、フォロー、などなど。

里親をやる人にとっては、今の情報提供やフォローなどでは子供への知識や
対応が、提案・実行されても追いつかないのでしょう。
そこまで無理して、結果的に子供を虐待したり死亡させたりしてまで
里親を続ける必要はないのでは?と思うのは私だけでしょうか?

本当にドイツのように、里親申し込みから専門の里親学校に1年くらい通って、
それから里親登録をしたほうがいいのでは?と思います。


里親のみなさん、児童相談所があてにならない!と本気で思うなら、厚生労働省に
里親専門学校の提案を出し、自分自身の安心のためにも1年ほど里親学校に
通ってからの登録をするといいのではないでしょうか?
そこから広がる里親ネットワークもできるような気がするのですが。

子供を委託される前段階であせる必要もないので、ゆっくり勉強してからのほうがいいと思うのです。
自分自身のためにも、子供のためにも。







| 里親の児童虐待 | COM(0) |
2010-09-16 (Thu)
里親へのフォローが手厚くなれば、里子への虐待はなくなるの?
知識のフォローとして里親研修が義務になったとき、里親登録を継続する
里親が減った
のはなんで?

里親が孤立して、里子への子育てのストレスで、子供への性的虐待をするの?
身体的虐待、精神的虐待を訴える「里子へのフォロー」は?


8月24日に3歳の里子の女の子が里親からの虐待の可能性があり死亡したそうです。
現在調査中の事件だそうです。

image.gif
女性セブンより


養子縁組と里親制度の違いが多くの人に伝わっただけでも良かったと思います。


里子の直腸を裂傷させ、6ヶ月以上の重症を負わせた吉村陽子被告についても
少し触れていたのですが、いまだ公判中みたいです。

-------------------------------
里親制度に、4月施行の改正児童福祉法が影を落としている。
里親認定時の研修義務化を機に県内では里親を辞めたり、登録の継続を
ちゅうちょする人が出ている。
里親同士の交流や研修を行う里親会の運営にも支障が出かねない状況で、
県など関係者は制度の一層の周知と啓発に迫られている。

*岩手新聞より

------------------------------------


9/18追記
9/2発売の週間文春にも、この事件のことについて触れているらしいので、
現在、書店より取り寄せ中です。
(目次タイトル:里親同居一年で「転落死」杉並3歳女児に医師が抱いた疑問)
そちらからまた何か分かりましたら、追記していこうと思います。




*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*

■STOP child abuse, full STOP.■

*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*

・*・・*・‥‥・*・・*・・*・‥‥・*・
里親から里子への児童虐待
 ~搾取される子供たち~
└─────── http://child-abuse.main.jp/



| 里親の児童虐待 | COM(0) |
2010-09-04 (Sat)
滋賀県内の2009年度の児童虐待相談件数が2802件(人)と前年度から2割増になり、
初めて子ども人口(18歳未満)の1%を超えたことが県のまとめで分かった。
県は「通報を受けやすい態勢づくりが進んだ結果」とみている。
また、家庭環境の改善に時間がかかり、一時保護の期間が長期化する傾向も明らかになった。

 ■09年度2802件

 2802件の内訳は、福祉事務所などを通じて相談を受ける市町分と、身体的虐待など
深刻なケースを担当する県子ども家庭センターの分で、重複分を除いた。
ネグレクト(育児放棄)が約5割を占め、身体的虐待が約3割と続く。
虐待を受けたのは小学生以下が8割に達し、虐待者は実父母が約9割となっている。
虐待による一時保護は306件で、前年度より32%増えた。

 県子ども・青少年局は「昨年から各市町で虐待情報を共有する協議会の設置が進み、
学校や保育所から通報を受けやすくなった。早期発見で深刻化する前に支援につなげたい」と
している。

 今回の結果では、虐待をなくす家庭環境の改善の長期化も鮮明になった。
一時保護した日数の合計は、前年度より59%も増えて過去最多。親へのカウンセリングの
実施などで時間がかかり、前年度から相談を継続している案件も市町分で25%増えた。

 虐待を受けて保護された子どもが、県の委託先の里親からさらに虐待を受けた
ケースも3件確認された


【 2010年05月18日 21時50分47秒 】
京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100518000200&genre=C4&area=S00


------------------------
「虐待された子供を委託される」ということは「専門里親」からの虐待なのでしょう。

里親制度は「被虐児童の受け皿」というのは本当?

ネットニュースに大きく載る分には、私たちも知ることができますが、
このように小さく載るだけだと目に留まりづらいですね。
地方の紙媒体のみだと、他県に住む私たちには、さらに分からないでしょう。

たった2行に3件の専門里親からの虐待事例です。

滋賀県のみのものなので、他の県でもありえる事だと思います。
虐待が確認できるなら、まだ良いほうだと思います。
通報があっても、なかなか「確認」や「調査」すらしない例もありましたから。



*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*

■STOP child abuse, full STOP.■

*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*.゜.*:.。. .。.:*

・*・・*・‥‥・*・・*・・*・‥‥・*・
里親から里子への児童虐待
 ~搾取される子供たち~
└─────── http://child-abuse.main.jp/



| 里親の児童虐待 | COM(0) |
2010-09-02 (Thu)
以下記事より
(おおざっぱに省略して掲載してます)
----------------------------------------------

今見ているものを教えてほしい……いや、言わなくていい。
すぐに、コンピューターが脳の活動を分析するだけで、何を見ているか教えてくれるようになるだろう。

『Nature』誌オンライン版で3月5日(米国時間)、カリフォルニア大学バークレー校の
神経科学者らがある解読システムを公開した。

「いつか、夢の中で見たものさえ再現できるようになるかもしれない」とGallant博士は語った。

将来は、この解読システムの適用対象を、現在の研究の中心である大脳の一次視覚野以外にも
段階的に広げていく。
大脳一次視覚野は、目にしたものの全体的な形状を描き出すが、より複雑な視覚情報を処理するのは
脳の他の部分だ。

Haynes博士によれば、最終的に、バークレー校のモデルは心の読み取りのようなことに
利用できるようになるという。



「われわれは、人の知覚だけでなく、人の意思や意図といった高度な精神状態を
解読したいと考えている」とHaynes博士は語った。



だが、Gallant博士は、技術の不正利用についても警告を発している。
たとえば、心の読み取り装置を裁判に使っても、目撃証言の場合と同じ問題に悩まされる可能性がある。
目撃証言は、目撃者が真実を語っていると思い込んでいても、信頼性に欠け、先入観にとらわれている
ことが往々にしてある。

心を読み取ることで無罪か有罪かを立証したいという欲求は、心のプライバシーへの懸念よりも
強いかもしれない。
これは、倫理的にどちらが正しいとは決めにくい問題だ。
一方、問題点がより明らかなのは、心を読み取る装置をマーケティングに利用することだろう
-------------------------------------------

| 未分類 | COM(0) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。