12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2016-04-29 (Fri)
公益財団法人「全国里親会」(東京都港区)で、里親制度に関する調査研究事業の研究員を務めていた埼玉県の女性が、業務中にパワーハラスメントを受けたとして同会側に約300万円の賠償を求めた訴訟の判決で、さいたま地裁(針塚遵裁判官)は28日、請求を棄却した。

 この事業は国の補助金で実施されている。女性は2012年4月〜14年3月、同会から委嘱を受け、里親制度普及促進の調査研究や里親のためのハンドブック作製などに携わったが、業務中に同会幹部らから中傷されて精神疾患を発症したなどとして、14年8月に提訴していた。

【武本光政】

毎日新聞2016年4月28日 22時08分
http://mainichi.jp/articles/20160429/k00/00m/040/082000c
スポンサーサイト
| 里親の児童虐待 | COM(0) |
2016-04-14 (Thu)
大阪市のNPO法人の紹介で乳児の里親になった女性が1か月後に詐欺の疑いで逮捕され、乳児が一時、児童相談所に保護されていました。NPO法人は当時、市への届け出をせずに子どものあっせんをしていました。

 大阪市浪速区にある「NPO法人全国おやこ福祉支援センター」はインターネット上で、子どもの養子縁組をさせる会員制サービスを行っています。

 センターによりますと、おととし5月、センターが初めて仲介した里親になった女性が1か月後に詐欺の疑いで逮捕され、子どもが一時、児童相談所に保護されたということです。センターは女性に対し、メールや電話で聞き取ったうえ、家庭訪問を1度行い、2週間で「適格」と判断したということです。

 「今なら起こらない。当時は里親リストが少なかったという環境要因、あとは僕自身、力不足だった」(全国おやこ福祉支援センター 阪口源太代表理事)

 センターは当時、大阪市への届け出をしていなかったほか、サイトで金額を示し、子どもをあっせんしていたことが不適切だとして市からたびたび行政指導を受けていました。

2016/4/14

http://www.mbs.jp/news/kansai/20160414/00000027.shtml

これは、「里親」も「NPO」も緩すぎなのでは?
「産んでくれたら200万援助」と人身売買のようなNPOに、
詐欺を働く人間が里親の審査に通っているという、両方
最悪な件。

200NPO




| 里親の児童虐待 | COM(0) |
2016-04-04 (Mon)
公益財団法人「全国里親会」(東京都港区)が、里親制度に関する
調査研究事業のために国から交付された補助金のうち年間400万円以上を、
事務職員1人分の人件費全額に充てていることが分かった。
職員は事業の経理処理などには携わっているものの、団体の事務全般を
担当している。
専門家は補助金の一部目的外使用に当たる可能性を指摘する。

 同会を巡っては、2012年度以降の決算書を適正に作成していないとして、
監督する内閣府が修正を求めている。内閣府は今後、公益認定法に基づく
立ち入り検査を実施し、決算書作成の経緯などを詳しく調べる方針。

 調査研究事業の補助金は厚生労働省が12年度に設け、別の団体を経由して
同会に交付している。
交付要綱は、事業に必要な報酬や旅費、備品代などを補助対象としている。

 同会の職員は旧厚生省OBの事務局長を含め2人。同会が公開した決算書など
によると、遅くとも13年度以降、うち1人分の人件費(社会保険料など含む)全額を
補助金で賄っていた。各年度の補助金1391万円から13年度は約440万円、
14年度は約420万円、15年度は約510万円を充てている(15年度は予算ベース)。

 一方で同会は調査研究事業のため毎年度、福祉マネジメントの修士取得者など
1人を研究員として委嘱し、13年度約210万円▽14年度約260万円▽15年度
約250万円(予算額)の謝金を補助金から支出している。

 事業を巡り研究員を務めた女性がパワーハラスメントを受けたとして同会などに
賠償を求め提訴しているが、訴訟記録の中で同会側は、補助金で人件費が
賄われている職員の仕事について「事務であり調査研究ではない」と説明している。
補助金からの人件費支出について同会事務局長は「厚労省と協議して予算計上して
おり全く問題ない」と説明する。これに対し厚労省家庭福祉課の担当者は「内閣府の
指導状況などを踏まえ対応を検討する」としている。

 元会計検査院局長の有川博・日本大教授(公共政策)は「当該事業に関係のない
人件費は当然、補助の対象外。補助金の目的外使用を禁じた補助金適正化法に
抵触する可能性もある」と指摘している。

【武本光政】



記事元:毎日新聞2016年2月16日 08時00分
http://mainichi.jp/articles/20160216/k00/00m/040/126000c







| 里親の児童虐待 | COM(0) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。